公図とは

漢字で「公の図」と書かれるくらいなので、公共性が高い地図だということだけは、何となく分かるような気もする「公図」。でも「公図」を具体的に説明してみろと言われたら、ほとんどの人が答えに窮するのではないでしょうか。公図というのは端的に定義付けると「法務局が管理している地図」のことで、不動産登記と深く関わる重要な任務を担っているものなのです。

家などの建造物がどんな場所のどの辺りにあるのか、土地の広さはどのくらいで隣家との境界線はどうなっているのかなどを登録して、家や土地の「戸籍」を管理するための公的機関と言えば「登記所」ですが、この登記所の持つ別名こそが実は「法務局」。

つまり、公図とは法務局が建物や境界線の位置関係を管理するために使う地図を指した名称で、不動産登記法とも密接な関係にあることから「14条地図」や「17条地図」とも呼ばれています。因みに「14条」と「17条」の2種類に分かれている理由は、法改正が執行された際に条項の番号が変更されたからなのだとか。

このような成り立ちを考えると大変な貴重品にも思える公図ですが、意外なことに有償で複写を入手することも可能です。ただ、公図は法的な証明として一応の効力があるものの、地図という点での正確性は微妙なところ。興味をひかれたら最寄りの法務局に問い合わせてみては?

★ブルーマップをご存じですか?
「ブルーマップ」には法務局などで取扱われている「公図」の情報が加えられていて、通常の地図には掲載されないデータが読み取れる内容となっています。これらの具体的な例を挙げてみると、基本的な情報として公図界や公図番号、地番などの他に都市計画の用途地域名と用途地域界、さらには容積率・建ぺい率までもが公図情報として記載されます。

<< 全国のブルーマップ一覧

【 法務局一覧 】

北海道地方
(札幌法務局管内)
札幌法務局(北海道)
函館地方法務局(北海道)
旭川地方法務局(北海道)
釧路地方法務局(北海道)
東北地方
(仙台法務局管内)
仙台法務局(宮城県)
福島地方法務局(福島県)
山形地方法務局(山形県)
盛岡地方法務局(岩手県)
秋田地方法務局(秋田県)
青森地方法務局(青森県)
関東甲信越地方
(東京法務局管内)
東京法務局(東京都)
横浜地方法務局(神奈川県)
さいたま地方法務局(埼玉県)
千葉地方法務局(千葉県)
水戸地方法務局(茨城県)
宇都宮地方法務局(栃木県)
前橋地方法務局(群馬県)
静岡地方法務局(静岡県)
甲府地方法務局(山梨県)
長野地方法務局(長野県)
新潟地方法務局(新潟県)
近畿地方
(大阪法務局管内)
大阪法務局(大阪府)
京都地方法務局(京都府)
神戸地方法務局(兵庫県)
奈良地方法務局(奈良県)
大津地方法務局(滋賀県)
和歌山地方法務局(和歌山県)
中国地方
(広島法務局管内)
広島法務局(広島県)
山口地方法務局(山口県)
岡山地方法務局(岡山県)
鳥取地方法務局(鳥取県)
松江地方法務局(島根県)
四国地方
(高松法務局管内)
高松法務局(香川県)
徳島地方法務局(徳島県)
高知地方法務局(高知県)
松山地方法務局(愛媛県)
九州・沖縄地方
(福岡法務局管内)
福岡法務局(福岡県)
佐賀地方法務局(佐賀県)
長崎地方法務局(長崎県)
大分地方法務局(大分県)
熊本地方法務局(熊本県)
鹿児島地方法務局(鹿児島県)
宮崎地方法務局(宮崎県)
那覇地方法務局(沖縄県)