「ゼンリン住宅地図スマートフォン」 経費節約!!持ち歩きの必要もなし!! – スマホ版住宅地図

住宅地図

住宅地図もスマホで見る時代、「ゼンリン住宅地図スマートフォン」が便利

業務で住宅地図が必要、しかしゼンリンの住宅地図は高額でなかなか手が出ないという人も多いのではないでしょうか。しかも、1冊丸々持ち歩くのはなかなか大変です。そこでおススメするのが「ゼンリン住宅地図スマートフォン」です。全国の最新の住宅地図が見放題で、月々わずか900円(税抜)。自動更新ですので、買い替えの必要もなし、ビジネスシーンなどで頻繁に住宅地図を使うなら、断然お得です。「ゼンリン住宅地図スマートフォン」のメリット、デメリットを紹介します。

「ゼンリン住宅地図スマートフォン」のメリットは?

ゼンリン住宅地図には書籍版や電子住宅地図「デジタウン」もありますが、およそ15,000円からと値が張る上、エリアも限られ更新もされないため、広範囲に調べようとすれば何冊も購入が必要であり、、定期的に買い換える必要があります。コンビニで手軽に印刷できる「ゼンリン住宅地図プリントサービス」というサービスもありますが、印刷範囲は非常に狭くなっていますので、何枚も印刷すれば割高になります。「ゼンリン住宅地図スマートフォン」はそんな従来のサービスのデメリットを一気に解消してくれるのです。

なんといっても月々900円、無料お試し期間も

「ゼンリン住宅地図スマートフォン」のウリはやはり、その安さでしょう。これで、全国の住宅地図が見られるのだから驚きです。拡大も縮小も自由自在、データは定期的に更新されています。使用しない月は解約するという節約法もあります。さらに、「ゼンリン住宅地図スマートフォン」には、AU及びKDDIユーザーに限り、2週間の無料お試し期間が設けられています。まずはどんなものか、と使ってみるのも良いでしょう。

詳細なゼンリン住宅地図のデータはそのまま

ゼンリン住宅地図の詳細な地図情報はそのままにデータ化されています。

ビルのテナントや入居する会社が、何階にあるかまで網羅されており、当該ビルをクリックすれば、一覧で表示されるという優れモノです。そのほか、一方通行情報、バス停情報など、ゼンリン住宅地図ならではのものがふんだんに取り入れられています。

アプリケーションインストールの必要なし

「ゼンリン住宅地図スマートフォン」は、Google Storeなどから購入するアプリケーション方式ではなく、通常のブラウザを開いて閲覧する方式になります。ですので、スマートフォンの容量を気にする必要もありませんし、ダウンロードやインストールの手間もかかりません。

全国各地の地名を一括検索

全国を網羅しているメリットとして、全国の地名・住所が検索できるという点です。無料地図アプリでは検索できない字丁目のない住所も一発で検索出来ます。もちろん、対象エリアを絞りたい場合は、地名・県名での検索も可能です。

ゼンリンが提供するナビアプリ「いつもNAVI」との連携機能も

詳しくは次回またレポートしますが、ゼンリンのグループ会社、ゼンリンデータコムではスマホ向けのナビアプリ「いつもNAVI」を提供しています。

「ゼンリン住宅地図スマートフォン」はこの「いつもNAVI」と連携しており、住宅地図上の地点をクリックし、メニューボタンからルート確認を選択すると、自動的に「いつもNAVI」が立ち上がり、経路を確認することが出来ます。

「ゼンリン住宅地図スマートフォン」のデメリットは?

さて、こんな良いことずくめのように見える「ゼンリン住宅地図スマートフォン」ですが、いくつか注意したいところもありますので、確認しておきましょう。また使用頻度によっては他のサービスの方が安くなる場合もありますので、確認しておきましょう。

パソコンからでは閲覧できない

「ゼンリン住宅地図スマートフォン」は通常のブラウザで開く方式を取っていますが、あくまでも1端末につき1契約となることを前提として、月900円というお得な値段設定となっています。そのため、閲覧はスマートフォン又はタブレットに限られ、パソコンからのアクセスは出来ません。また、どうしてもスマートフォンの画面は小さいですので、タブレット端末で契約した方が、よりストレスなく活用出来るのではないかと思います。

地下街は網羅されていない

地上のあらゆる地図情報が網羅されているゼンリン住宅地図ですが、スマートフォン版には地下街のデータが入っていません。電子住宅地図「デジタウン」には収録されているとのことですが、将来的にアップデートがなされるのでしょうか。

「いつもNAVI」からも住宅地図の閲覧が可能

ゼンリンデータコムが提供するナビゲーションアプリ、「いつもNAVI」からでも住宅地図閲覧サービスが付いています。「いつもNAVI」無償版では月に1回、月額300円(税抜き)の有償版では、月に10回の住宅地図閲覧が可能です。回数によっては、こちらのサービスを利用した方が安く済むこともありますので、よく検討してみてください。

まとめ

一個人で「ゼンリン住宅地図スマートフォン」を利用することはあまり想定されず、ほとんどがビジネスシーンでの活用になるとは思いますが、従来の紙の住宅地図を使用している会社にとって、業務効率化のカギになるかもしれません。まずは2週間のお試し期間で、その実力を確かめてみてはいかがでしょうか。

住宅地図
ゼンリン住宅地図をフォローする
ゼンリン 住宅地図の雑記と2019年最新版の購入サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました